コンサルティング会社がDXを支援した企業事例についてまとめました

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

近年、IT技術の普及と発達に伴って、注目されているのがDX(デジタルトランスフォーメーション)です。
また、昨年のcovid-19の拡大によって社会構造の変革などが促され、企業のDX化が大きく進行しました。

本記事では、コンサルティング会社がDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援した企業事例について詳しくご紹介します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは


DX(デジタルトランスフォーメーション)はスウェーデンのウメオ大学教授であるエリック・ストルターマン氏提唱した概念のことを指します。

広義では、デジタル技術が社会全体に浸透することによって、人間生活の様々な面に発生する、あるいは良い影響を及ぼす変化のことを意味します。
一方で、ビジネスでDX(デジタルトランスフォーメーション)と使う場合にはデジタル技術の浸透に対応した企業がビジネスモデルやシステム、オペレーションなどを変革することを指します。

コンサルティング市場におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)支援が増加傾向

現在、コンサルティング市場において大きな拡大を見せているのがDX(デジタルトランスフォーメーション)支援の分野です。
IDCによるとコンサルティングサービス市場の内、ビジネスコンサルティング市場は企業におけるDXへの取り組みの拡大が需要を牽引し、2019年に前年比8.7%増と高成長を遂げました。
このような状況の背景には、組織全体の変革を行うにあたって、多くの企業でテック系の人材が不足している点が挙げられます。
例えば、製造小売業の場合には、商品の販売、企画、開発が最優先事項となってきます。
特に、扱っている商材がデジタル技術から乖離している分野の場合、意図的に人材育成や部門の設置などを行わない限り、テック系の人材育成が難しいと言えます。
しかし、コンサル会社の場合には、システムエンジニアやデータサイエンティストなどのデジタル技術に精通した人材が在籍している企業が多いため、DXの推進などを引き受けることが可能です。
また、コロナウイルスの拡大によって企業は大規模変革とDXへの取り組みを余儀なくされています。これにより、2024年にはデジタル関連ビジネスコンサルティング市場では2950億円に達するであろうと予測されています。

参照:)「国内コンサルティングサービス市場予測を発表-IDC」

コンサルティング会社がDX(デジタルトランスフォーメーション)支援した企業事例


DX(デジタルトランスフォーメーション)推進にあたって、企業にDXについて深い知見を有している担当者が在籍しているケースは多いとは言えません。
一方、コンサルティング会社においては、IT分野やDX戦略策定に特化した人材が在籍している為、DX支援が可能です。ここでは、コンサルティング会社がDX支援を行った事例についてご紹介します。

中小企業へのDX支援事例

マーケティングツールの導入やAIビジネスの実施を個別で検討されており、社内でのDX(デジタルトランスフォーメーション)施策が統一されていない点が課題でした。この課題に対してビジネス環境やリソースの確認などを行い、顧客に対してどのような価値提供を行うのかというバリューストリームマップの策定を行いました。

【参考事例】
業種 : その他
課題 : DX施策の策定
支援内容 :DXマネジメントによるDX戦略の推進

製造業へのDX支援事例

デジタル技術の進歩や顧客からの要望が高度化したことを受けて、競合他社に対してどのように更なる差別化を図っていくかが経営上の課題でした。また経営の意思決定に際してデータの分析が必要でしたが、従来のシステムでは業務遂行の目的の為に最適化されており、詳細なデータ収集を行うのが難しい状況でした。
この課題に対して、変革ロードマップの作成を行い、既存をシステムの改修、データの可視化を行いました。

【参考事例】
業種:製造業

課題:競合優位性の確立・向上
支援内容:ロードマップの作成・各種システムデータの可視化

 製造業における新規事業立ち上げへのDX支援事例

新規事業に関するプラットフォーム作成をコンサルティング会社が支援した事例です。
既存の事業でカテゴリー内トップシェアを誇っており、ブランド棄損を起こさないよう配慮が必要だった為、結果的に新規事業立ち上げがあまり進まないといった経験がある会社でした。
これに対しては、ペルソナの定義を行った上で、新規事業と既存の事業の両立を行い、事業モデルの多角化を図れるようにしました。

【参考事例】
業種:製造業

課題:新規事業の創出・成功
支援内容:ペルソナの定義・事業の多角化

海外でのDX支援事例

縫製産業の需要増大に伴い、単純作業が増加したため業務効率が悪化し、従業員への負担が大きな問題となっていました。
この課題を解消するために、RPAの導入に踏み切りました。
RPAとは、一定のプログラムに従って、経理をはじめとするバックオフィス業務を代行するロボットを導入することなどを意味します。
入力をはじめとする単純作業が業務全体の約6割をしめていました。
RPAを導入したことで、業務効率が向上し、ワークフロー自体の効率化も実現したと言えます。

【参考事例】
業種:製造業
課題:業務効率化
支援内容:RPAの導入

DX(デジタルトランスフォーメーション)成功の要諦


日本ではDX(デジタルトランスフォーメーション)において、現場責任者の理解を得られなかったり、現行のシステムがDXに対応していなかったりといった課題が存在します。

現場に対して、DXのメリットだけではなく「何が可能なのか」について具体的な施策を提示し、しっかりとした理解を得られるような体制を構築していくことが重要です。
また、個人情報流出防止等の観点から、新しいシステムに移行できない場合やシステムの部分ごとで管理している部署が異なりまとめ上げる必要がある場合もあります。
自社の既存のシステムで改善したい部分どこなのかを分析した上で、ベンダーの検討などに入ることが重要です。

DXにはシステムやオペレーションの一部を変えるものから、組織全体を変革していくものまで様々な形が存在します。
DXに際して、変更のために発生する予算やタイミングなどをしっかりと策定した上で実施することがDX成功の要諦であると言えるでしょう。

まとめ

本記事では、コンサルティング会社がDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援した企業事例についてご紹介しました。

DX推進では自社内での理解を獲得し、スムーズにシステム連携を進めていくことが重要になってきます。

この記事がDXについて詳しく知るきっかけになれば幸いです。

【関連記事】
最新のAI活用事例についてまとめました。
音声認識技術とは?基本的な仕組みと導入事例をご紹介します。
AWS導入事例18選から見る、AWS導入のメリットとは?
CRMの導入事例に学ぶ企業を成功に導く戦略の要諦とは?
ビッグデータ活用事例10選!業種、企業別にご紹介します。
scm成功事例について、失敗事例と課題を交えてご紹介します。
【業界別】チャットボット導入事例15選をご紹介します!
エッジAIについて活用事例やメリットなども交えてご紹介します。
RPAとは?ビジネスでの活用事例を中心にご紹介いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。