ブロックチェーン技術の活用事例についてメリットなども交えてご紹介します

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

現在、ブロックチェーン技術はその堅牢なセキュリティと金融系システムとの親和性の高さから様々な業種において導入が進んでいます。

本記事では、ブロックチェーンの活用事例について、メリットや使い道などを交えながらご紹介致します。

ブロックチェーンとは


ブロックチェーンとは、「分散型台帳」とも呼ばれているデータベースのことです。

ブロックチェーンは、暗号技術を活用しながら複数台のコンピューターに取引情報などのデータを同期し記録していきます。権限テーブルが存在せず、P2Pネットワークで真正性をチェックする為、基本的には一括の管理を必要としません。
また、ブロックチェーン上に記録されたデータを書き換える場合には、実質的には不可能な作業量が要求されます。

ブロックチェーンは2008年にサトシ・ナカモトによって公開された後、2009年に発行された仮想通貨「ビットコイン」の基盤となる技術として広まっていきました。
分散型で管理するブロックチェーンは、従来のシステムに比べて低コストで運用可能なため、銀行をはじめとした金融業界での導入が広がりました。
現在では、金融領域への活用だけでなく、著作権の管理などの非金融分野でも運用されています。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンのメリットは大きく分けて以下の3つに分けることができます。

・システムがダウンしにくい
・低コストでシステムを運用可能
・高いセキュリティ

ここでは、ブロックチェーンのメリットについてわかりやすくご紹介いたします。

ブロックチェーンのメリット①「システムがダウンしにくい

ブロックチェーンではP2P方式を採用することにより、従来のサーバー・クライアント方式に比べてシステムがダウンしづらくなっています。
ノードの一部が使用不可・消失した場合でも、残りのノードで作業を続行することができるため、システム継続性が保たれるというメリットがあります。

ブロックチェーンのメリット②「低コストでシステム運用可能」

従来のサーバー・クライアント方式ではひとつのサーバーで処理の全てを担う必要があったため、高いスペックのものを用意する必要がありました。
そのため、多くの場合では、システムに対するコストが高くなってしまいますが、ブロックチェーンでは、ノードが処理を担うため、コストのかかる高スペックサーバーを用意する必要がないというメリットがあります。

ブロックチェーンのメリット③「高いセキュリティ」

ブロックチェーンでは、取引情報がまとめられているブロックに新しい情報を格納する前に確認する工程があります。
また、各ブロックには、前のブロックのハッシュ値が格納されています。
そのため、改竄する場合には各ブロックのハッシュ値を変更し、整合性を保たなければならないため、高いセキュリティを誇っています。

ブロックチェーンの使い道


ブロックチェーンの種類は大きく分けて3つに分類することが可能です。

・パブリック型
・コンソーシアム型
・プライベート型


それぞれ合意形成の仕組みや管理者の有無などの違いがあります。

ブロックチェーンの使い道①「仮想通貨での利用」

ブロックチェーンの原点とも言える使い方です。
現在、仮想通貨は様々なものが存在しますが、最も有名なものひとつがビットコインです。
ビットコインではビットコインを用いた取引を行う際に発行されるビットコインアドレスが存在します。ビットコインアドレスはわかりやすく表現すると、ビットコイン取引上の銀行口座番号のようなものです。相手のビットコインアドレスを指定することでビットコインの授受を行うことができます。また、取引履歴の調査などもここから行います。
このビットコインアドレスの保護を目的にブロックチェーン技術が使われます。
ビットコインでは、ブロックチェーンの合意形成上、厳格な承認が必要なパブリック型のブロックチェーン技術が使われおり、高い秘匿性を実現しています。

ブロックチェーンの使い道②「業務の効率化」

ブロックチェーンを導入することで、契約の履行や決済を自動化が実現可能になります。
実際に導入している企業には、契約の自動化を可能にするスマートコントラクトの導入により業務の効率化を実現した事例もあります。
契約者が多く、決済の完了までに多くの時間を要する金融業での導入が進んでいます。
金融業では、ブロックチェーンの合意形成上、企業と契約者間など特定の者の間で形成可能なコンソーシアム型やプライベート型を導入することが可能だと言えます。

ブロックチェーンを活用したサービスを提供している企業事例


現在、ブロックチェーンは金融業界だけでなく、他の業種でも用いられています。
仮想通貨から始まったブロックチェーンの活用は、現在では小売業をはじめとした様々な業種のシステムに導入されており、結果を残しています。

ウォルマート

アメリカ発の世界最大手の小売チェーン「ウォルマート」では、ブロックチェーン技術を小売業界で利用する取り組みを行っています。
EC運営において、小売業の抱える問題のひとつが「配送時の商品状態」です。
例えば、生鮮食品などの商品の場合、商品の状態が最も重要と言っても過言ではありません。小売店にとっては、適切な環境で発送されているかは非常に重要です。
これに対して、ウォルマートでは、「スマート・パッケージ」と呼ばれる配送システムの実装を発表しました。
「スマート・パッケージ」では、ブロックチェーン技術を利用したデバイスを配送システムに組み込むことで、商品状態や配送状況を確認することが可能になりました。
これによって、今まで課題とされていた商品の管理をより高いレベルで行うことが可能になりました。

ソニー

ソニー株式会社(SONY)では、ブロックチェーン技術を利用して著作権の管理を行っています。
ブロックチェーンベースの著作権管理システムを構築することによって、作成時期の証明や改竄できないデータの登録などを実現しています。
これによって、今まで煩雑化していた著作権の管理の効率化を実現し、セキュリティ面での課題も解決しました。
SONYでは、この技術を教育コンテンツから適用していくことを発表しました。
また、音楽や映画をはじめとしたデジタルコンテンツの著作権に対するブロックチェーン技術の活用を推進していくとしています。

デンソー

世界第2位のシェアを誇る自動車部品メーカー「デンソー」では、ブロックチェーン技術を応用して自動車のセキュリティ強化を実現しています。
ブロックチェーン技術を活用して車載データを管理することによって、車の状態や周囲の状況に関する記録を保護することができます。
事故などが発生した際、自動車の情報をブロックチェーンで管理することで、状況をデータで確認することが可能になります。状況が記録されたデータが、ドライバーやメーカーを法的に守ることになります。
また、自動車の走行距離などの情報もブロックチェーン技術で保護することで、中古車売買での不正も防ぐことができます。

まとめ

本記事では、ブロックチェーンの活用事例について、メリットや使い道などを交えながらご紹介致しました。

ブロックチェーンはシステムの継続性やセキュリティの高さから、より身近で利用されるようになるであろう技術のひとつです。

この記事がブロックチェーンについて詳しく知るきっかけになれば幸いです。

【関連記事】
最新のAI活用事例についてまとめました。
音声認識技術とは?基本的な仕組みと導入事例をご紹介します。
AWS導入事例18選から見る、AWS導入のメリットとは?
CRMの導入事例に学ぶ企業を成功に導く戦略の要諦とは?
ビッグデータ活用事例10選!業種、企業別にご紹介します。
scm成功事例について、失敗事例と課題を交えてご紹介します。
【業界別】チャットボット導入事例15選をご紹介します!
エッジAIについて活用事例やメリットなども交えてご紹介します。
RPAとは?ビジネスでの活用事例を中心にご紹介いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。